ジグソーパズルの選び方

どんなジグソーパズルを選ぼう

ジグソーパズルを選ぶ時は、好きな写真や絵などを選びましょう。

 

虹のかかる街

 

作っていてワクワクするような好きな絵柄を作成する方が楽しいですからね。

 

ただ、そうは言っても、自分の熟練度以上の難易度の高いパズルを選んでしまうと、作成できないで途中で断念!などとなってしまいます。

 

ある程度は、しっかりと完成見込みのできるパズルを選ぶ事が大事です。

 

そこで、ジグソーパズルを選ぶ目安を知っておきましょう。

 

難易度が高いパズルとやさしいパズルの見分け方です。

 

ピースの数

ピース数を確認します。当然ながらピース数が多いほど難易度は高くなります。

 

初心者の人が初めてのチャレンジなら300ピースくらいがおススメです。

 

ピース数による目安は、
108ピースで約1時間
300ピースで2時間から3時間
500ピースは5時間程度
1000ピースは10時間
2000ピースになると24時間です。

 

これはあくまで目安で、熟練度やその他の要素によって違ってきます。

絵柄の大きさ

その次の要素は絵柄の大きさです。

 

絵柄が大きいと難しくなり、細かいとやさしくなります。

 

バベルの塔などは見た目は大変な大作で、作るのは大変と思います。

 

バベル

 

しかし、細部まで細かく書かれているので思ったほど難易度は高くありません。

 

このような細かな絵柄は作りやすいです。

単色の大きさ

単色の部分が多いと難易度が上がり、少ないと優しいです。

 

海と空が広がって、ほとんどが青しかないような作品はかなり難しくなります。

 

ボリビア

 

このようにほとんどが単色と言うのは極端な例ですが、単色のエリアが広いのも難易度が高くなります。

ピースの大きさ

ピースの大きさが小さくなるスモールタイプなどがあります。

 

このピースが小さくなるのはかなり難易度が上がります。

 

ジグソーパズルは1つのピースの色や絵柄の情報から組み上げていくので、ピースが小さくなると得られる情報が少なるのです。

 

1000ピースでスモールタイプになると極端に難しくなるので初心者はレギュラーサイズから始めると良いです。

ジグソーパズルを選んで始めましょう

ジグソーパズルの選び方は基本的は自分が作成したい写真や絵で良いのです。

 

しかし、上記を参考に完成できるパズルを選んで作成しましょう。

 

激安の専門ショップ